非接触体温計比較表

非接触体温計を仕様・機能・価格等の面から比較しました。ご購入の際の参考にどうぞ。

非接触体温計比較表

イージーテム サーモファインダーPro FS-300(販売終了) CISE(シーゼ) 01TE CISE(シーゼ) 99TS
写真 イージーテム サーモファインダーPro FS-300 CISE(シーゼ) 01TE CISE(シーゼ) 99TS
形状 リモコンタイプ ガンタイプ リモコンタイプ リモコンタイプ
定価(税抜き) 12,000円 31,900円 19,800円 24,800円
スタンド - 付属 附属 附属
スタンド価格 - - - -
ストラップ・カバー - 別売り - -
ストラップ・カバー価格 - 1,000円 - -
測定 体温/
皮膚表面温度/
環境温度
体温/
皮膚表面温度/
環境温度
体温 体温/
皮膚表面温度/
環境温度
単位 摂氏(℃) 摂氏(℃)/華氏(゜F) 摂氏(℃) 摂氏(℃)
測定時間 1秒 2秒以内 1秒 1秒
記録 10メモリー 32メモリー 1メモリー 99メモリー
測定音 ON/OFF ON/OFF ONのみ ON/OFF
測定部位(測定距離) 額(2~3cm) 額(2~3cm) 額(1~3cm) 額/皮膚表面(1~3cm)
測定誤差・測定範囲 ±0.2℃
(36.0~39.0℃)
±0.3℃
(~36.0℃、39.0℃~)
体温:±0.2℃
(35.5~42.0℃)
±0.3℃
(34.0~35.4、42.1~42.5℃) 環境温度:±0.2℃
(35.5~42.0℃)
±0.3℃
(22.0~35.4、42.1~42.5℃)
±1.0℃
(15.0~21.9、42.6~60.0℃)
±0.2℃
(32.5~42.0℃)
±0.2℃
(32.5~42.0℃)
使用環境 10~40℃、湿度20~50% 15~40℃、湿度90%以下 15~40℃、湿度85%以下(結露しないこと) 15~40℃、湿度85%以下(結露しないこと)
画面 - 液晶ディスプレィ(モノラルLCD) LCD(バックライト付) LCD(バックライト付)
寸法・重量 26mm(W)×
132mm(H)×
18mm(D)
63mm(W)×
42mm(D)×
103mm(H)
(ホルダー含まず)
120g(ホルダー、電池含まず)
42(幅)×
145(高)×
47(奥行)mm 130g(電池含む)
42(幅)×
145(高)×
47(奥行)mm 130g(電池含む)
クラス分類 クラスⅡ (管理医療機器) クラスⅡ (管理医療機器) クラスⅡ (管理医療機器) クラスⅡ (管理医療機器)
販売元 原沢製薬工業株式会社 株式会社MISORA 株式会社ユビックス 株式会社ユビックス
製造国 韓国 韓国 日本 日本
サーモフォーカスプロ(販売終了) サーモフォーカスプロ【ビジオフォーカス】(販売終了) ママタッチDECO スマートサーモ
写真 サーモフォーカスプロ サーモフォーカスプロ【ビジオフォーカス】 ママタッチDECO ママタッチDECO
形状 リモコンタイプ リモコンタイプ リモコンタイプ リモコンタイプ
定価(税抜き) 28,000円 34,440円 8,000円 15,800円
スタンド - - - -
スタンド価格 - - - -
ストラップ・カバー - - - -
ストラップ・カバー価格 - - - -
測定 体温(腋窩、舌下、直腸) 体温(腋窩、舌下、直腸) 体温(舌下補正温度) 体温(舌下補正温度)
単位 摂氏(℃) 摂氏(℃) 摂氏(℃) 摂氏(℃)
測定時間 2~3秒 1秒以内 1秒 2秒以内
記録 9メモリー - 10メモリー 32メモリー
測定音 - - - on/off
測定部位(測定距離)
測定誤差・測定範囲 体温:
±0.2℃ (34.0~
42.5℃)
環境温度:
±0.2℃ (1.0~
55.0℃)
±0.2℃
(36~
39℃)
±1.0℃ (42.3~
55℃)
±0.3℃ (34.0~
35.9℃) ±0.3℃ (20.0~
33.9℃) ±0.3℃ (39.1~
42.5℃) ±1.0℃
(1.0~
19.9℃)

±0.2℃ (35.0℃~
42.0℃)
±0.3℃ (35.0度未満、42.0℃超過)
体温:
±0.3℃ (34.0-42.5℃)
環境温度:
±0.3℃ (22.0-42.5℃) ±1.0℃ (15.0-21.9
42.6-60.0℃)
使用環境 16~40℃ 30~85%RH (ただし結露なきこと) 16~40℃ 10℃~40℃、
95%RH以下(結露無きこと)

15-40℃
湿度95%以下
気圧700-1060hpa 15-40℃
湿度95%以下
気圧700-1060hpa

画面 液晶画面 液晶画面 液晶画面 液晶画面
寸法・重量 長さ156mm
高さ40mm
厚さ22mm
長さ144mm
高さ43.5mm
厚さ21.5mm
長さ149×
幅44×
厚さ54mm
長さ152x
幅36x
厚さ37mm
クラス分類 クラスⅡ (管理医療機器) クラスⅡ (管理医療機器) クラスⅡ (管理医療機器) クラスⅡ (管理医療機器)
販売元 日本テクニメッド 日本テクニメッド シーズター株式会社 株式会社MISORA
製造国 イタリア イタリア 台湾 韓国
パピっとサーモ でこピッと TO-400 ママタッチPit S-702
写真パピっとサーモでこピッとTO-400ママタッチPit S-702
形状リモコンタイプリモコンタイプガンタイプリモコンタイプ
定価(税抜き)9,980円オープン価格 20,000円 7,222円
スタンド- -付属-
スタンド価格----
ストラップ・カバー----
ストラップ・カバー価格----
測定体温(舌下温度)/
物体表面温度/
室温
体温(舌下温度)/
物体表面温度/
室温
体温/
物体表面温度/
室温
体温/
物体表面温度/
室温
単位摂氏(℃)摂氏(℃)摂氏(℃)摂氏(℃)
測定時間1秒1秒2秒1秒
記録60メモリ25メモリ32メモリ9メモリ
測定音ON/OFFON/OFF - -
測定部位(測定距離)額(2~3cm)額(2~3cm) - -
測定誤差・測定範囲

体温:
±0.2℃
+36.0~
+39.0℃
±0.3℃
+34.0~
+36.0

+39.0℃~
+42.2℃
物体表面温度:
±4%または±2℃のどちらか大きい値
室内温度:±2.0℃
+10.0~
+40.0℃

体温:
±0.3℃
(+34.0~
+42.2℃)
温度:±0.3℃
(+22.0~
+42.2℃)
-22℃~
+21.9℃、
+42.3℃~
+80℃の間は±0.4℃、または±0.2℃いずれか大きいほうの値
体温:
±0.3℃
(+34.0~
+42.5℃)
温度:±1.0℃
(+15.0~
+60.0℃)
体温:
±0.3℃
(+34.0~
+42.2℃)
温度:±1℃
(0℃~
99.9℃)
使用環境10.0~
+40.0℃、
95%RH以下
(但し、結露のないこと)
+10.0~
+40.0℃、
15~85%RH
-体温計モード:
15~
40℃、
95%RH以下
(但し、結露のないこと)
温度計モード:
10~
40℃、
95%RH以下
(但し、結露のないこと)
画面LCD(バックライト付)- - -
寸法・重量約W47.6×
H188.0×
D29.0mm
約82g(電池含まず)
横46×
縦40×
高さ81mm
約60g(電池含む)
約63mm×
42mm×
103mm
約120g(電池含む、ホルダー含まず)
長さ145×
幅39.5×
厚さ40mm
約67g(電池含まず)
クラス分類クラスⅡ (管理医療機器)クラスⅡ (管理医療機器)クラスⅡ (管理医療機器)クラスⅡ (管理医療機器)
販売元株式会社カスタム株式会社エー・アンド・ディー株式会社ドリテック シースター株式会社
製造国 中国 中国 韓国 台湾
ドクターサーモ パピっとサーモ PRO パピっとサーモ mini TO-300WT
写真ドクターサーモパピっとサーモ PROパピっとサーモ miniTO-300
形状ガンタイプリモコンタイプリモコンタイプリモコンタイプ
定価(税抜き)30,000円18,500円 5,000円 3,980円
スタンド- ---
スタンド価格----
ストラップ・カバー----
ストラップ・カバー価格ストラップストラップ--
測定 体温/
物体表面温度/
室温
体温
(口内/
直腸/
脇下 補正温度)
物体表面温度
(実測温度)
室内温度
体温
(舌下 補正温度)
物体表面温度
(実測温度)
室内温度
単位摂氏(℃)摂氏(℃)摂氏(℃)摂氏(℃)
測定時間1秒1秒 1秒 2秒
記録 9メモリ 9メモリ 25メモリ 19メモリ
測定音ON/OFF - - -
測定部位(測定距離) こめかみ 額(2~3cm) 額(2~3cm) 額・耳
測定誤差・測定範囲

体温:
±0.3℃
(34.0℃~
42.2℃)
温度:
±1℃
(体温以外)
(0℃~
99.9℃)

体温:
+34.0~
+42.5℃
物体:
+1.0~
+55.0℃
室温:
+5.0~
+40.0℃
確度:
+1.0~
+19.9℃:
±1.0℃
+20.0~
+35.9℃:
±0.3℃
+36.0~
+39.0℃:
±0.2℃
+39.1~
+42.5℃:
±0.3℃
+42.6~
+55.0℃:
±1.0℃
体温:
±0.3℃
(+34.0~
+42.2℃)
物体:
±4%または
±2.0℃のどちらか大きい値
(-22.0~
+80.0℃)
室温:±2.0℃
(+10.0~
+40.0℃)
±0.3℃
(32.0℃~
35.4℃)
±0.2℃
(35.5℃~
42.0℃)
±0.3℃
(42.1℃~
42.9℃)
使用環境体温計モード:
16~
40℃、
85%RH以下
(結露無きこと)700~
1060Pa
温度計モード:
10~
40℃、
85%RH以下
(結露無きこと)
700~
1060hPa
+16~
+40℃*、
15~
93%RH
(但し、結露のないこと)
+10.0~
+40.0℃、
15~85%RH以下
(但し、結露のないこと)
周囲温度:
15℃~38℃
周囲湿度:
30%~75%RH
画面 - - LCD -
寸法・重量長さ10.4×
幅5.2×
厚さ15.7cm
141.5g
(電池含まず)
約W43.5×
H94.5×
D21.5mm
約60g
(電池含む)
約W46.4×
H80.1×
D37.7mm
(センサー部保護カバー未装着時)
約47g(電池含む/センサー部保護カバー除く)
約 W124×
D24×
H35mm
約 46g
クラス分類クラスⅡ (管理医療機器)クラスⅡ (管理医療機器)クラスⅡ (管理医療機器)クラスⅡ (管理医療機器)
販売元 シースター株式会社株式会社カスタム株式会社カスタム株式会社ドリテック
製造国 中国 イタリア 中国 中国
サーモフレーズ
MT-500/
MT-500BT
アイサーモ NT13 FLIRSTP-300/300N
写真 ドクターサーモ アイサーモ NT13 赤外線体温計FLIRSTP-300/FLIRSTP-300N
形状 リモコンタイプ リモコンタイプ リモコンタイプ
定価(税抜き) 10,880円~ 9,800円 19,800円~
スタンド - - - -
スタンド価格 - - - -
ストラップ・カバー - - -
ストラップ・カバー価格 - - - -
測定 体温/
物体表面温度/
室温
体温/
物体表面温度
体温
単位 摂氏(℃) 摂氏(℃) 摂氏(℃)
測定時間 1秒 1秒 数秒
記録 - 10メモリ - -
測定音 - ON/OFF - -
測定部位(測定距離)
測定誤差・測定範囲 体温
+36.0~
+39.0℃
において
±0.2℃以内
※それ以外は±0.3℃以内
物体温度
+10.0~
+40.0℃
において
±2.0℃以内
室温
+10.0~
+40.0℃
において
±2.0℃以内
体温計
±0.2℃
(36.0~
39.0℃)
±0.3℃
(≦35.9℃、≧39.1℃)
温度計
0~100℃
±0.3℃
(32.5~
35.4℃)
±0.2℃
(35.5~
42.0℃)
±0.3℃
(42.1~
42.5℃)
使用環境 - 16~40℃
(湿度85%以下、結露なし)
使用温湿度:15~
40℃
85%RH以下(結露なきこと)
保存温度:-20~
60℃
95%RH以下(結露なきこと)
画面 - - - -
寸法・重量 縦34.4 ×横161.0 ×高さ25.2mm
約50g(付属品を含まない)
長さ:約141mm、幅:41mm、厚さ:55mm
約70g(電池含まず)
(幅)50×
(高さ)108×
(奥行)31mm
約85g(電池を含む)
クラス分類 クラスⅡ (管理医療機器) クラスⅡ (管理医療機器) クラスⅡ (管理医療機器) クラスⅡ (管理医療機器)
販売元 日本精密測器株式会社 Aidee(エイディー) フィンガルリンク株式会社
製造国 日本 中国 日本
写真
形状
定価(税抜き)
スタンド - - - -
スタンド価格 - - - -
ストラップ・カバー - - - -
ストラップ・カバー価格 - - - -
測定
単位 摂氏(℃)
測定時間
記録
測定音 - - -
測定部位(測定距離)
測定誤差・測定範囲
使用環境
画面 - - - -
寸法・重量
クラス分類 クラスⅡ (管理医療機器) クラスⅡ (管理医療機器) クラスⅡ (管理医療機器) クラスⅡ (管理医療機器)
販売元
製造国
利用目的とシーンに合わせて

値段の違いは、性能の良し悪しだったり、サポートの有無だったりします。性能はほとんど同じでも、サポートが手厚い機種は値段が高くなっています。家庭で手軽に熱の有無を測りたいという目的であれば、それほど高価なものではなく、安価でコンパクトなものを購入されることをお勧め致します。故障した際のサポートは受けられませんが、修理するよりも、買い換えたほうが安い場合があります。病院などで患者の体温を測定するなど、精度と耐久性が求められる場合は、値段の高い機種をご購入されることをお勧め致します。測定値のバラつきも小さいですし、故障したときに、代替機が送られてくるなど、安心です。もちろん、家庭でも正確に体温を測りたいという方は、医療機関向けの体温計を買われても全然問題ございません。

おでこで測るのとこめかみで測るのはどちらがいい?

非接触体温計には、おでこで測る形式とこめかみで測る形式の大きく2つの形式があります。 一般的にはおでこよりもこめかみのほうが脈が多く集まっているため、体温を測定しやすいというイメージがあります。 両方使ってみて、どちらがより精確に測れるか試してみるのもよいでしょう。

どれを選べばいいの!?

非接触体温計も種類が増えてきて、どれを選べばよいのか分からない…そんな方に、まず目安のとなるのが値段です。 大きく、家庭用とプロ用(医療機関用)に分けるとすると、価格が安いものほど家庭用、高いものほどプロ用になります。 精度も家庭用は測定値にばらつきがある場合が多いですが、プロ用は測定値が一定しています。ただし、使用方法を誤ると、全く予期せぬ測定値が表示される場合があるので、家庭でプロ用の機器を使用する場合は注意が必要です。故障かな?と思ったら、測定する室内の温度が推奨温度外だったり、測定部位が間違っていたりします。家庭用であれば、分かりやすく説明されていますが、プロ用は、よく説明書を読まないと分からないことも。家庭で使用するなら安いものを、医療現場で使用するなら高いものを買うと間違いが少なくてもすみます。ただし、家庭で使うからと言って、極端に安いものを買うと、安物買いの銭失いになることもあるのでご注意。逆に高いからといって、機能が万全とも断言できませんので、サイトで評判などをチェックした上で、購入しましょう。
人気の機種から選ぶなら、ランキングをご参考ください。

非接触体温計の商材のご提供はこちら 非接触体温計人気ランキング